• 一般ボックス

      一般ボックス

      在庫の配電ボックス。一般的なサイズで、柔軟に使用でき、保護カテゴリに適格です。

      カスタマイズされたボックス

      カスタマイズされたボックス

      さまざまな素材、タイプ、定格のオーダーメイドの配電ボックスです。

      アクセサリーメイン

      アクセサリー

      取り付けプレート、ロック、ラック、ケーブル、ブラケットなど、エンクロージャ システムを強化するためのすべてが含まれています。

  • だいたい

IP55 と IP65 の説明: 機器に最適な保護の選択

はじめに: IP 評価のナビゲート

風雨や粉塵の多い環境に耐える必要がある機器の市場にいると、IP55 や IP65 などの用語に遭遇する可能性があります。これらは単なる乱数ではありません。これらは、機器が埃、水、その他の侵入からどの程度保護されるかを理解するためのロードマップです。

IP 評価の理解: 基本

IP 定格 – Ingress Protection 評価の略 – は、エンクロージャが不要な粒子や湿気の侵入を防ぐのにどれだけ効果的であるかを示す基準です。最初の桁は塵などの固形物に対する保護を表し、2 桁目は耐湿性を表します。この知識を身につければ、意図した環境で生き残るために機器がどのような種類の装甲を必要とするかをより適切に判断できるようになります。

IP55をカバーしていない

一言で言えば、IP55 エンクロージャは、塵や水の飛沫に対する中間の保護者です。深海でのダイビングを目的としたものではありませんが、時折風雨にさらされる装備品をしっかりと防御します。

電気エンクロージャ 17

IP55の主な機能

IP55 定格では、最初の「5」は、多少の塵がデバイスのパフォーマンスを妨げない保護レベルを示します。防塵というよりも防塵と考えてください。 2 番目の「5」は、あらゆる方向からの水の噴流に対応できるため、スプレーダウンに慌てることがないことを示しています。

IP55 が輝く場所: 理想的なアプリケーション

これらのエンクロージャは、潜水艦の密閉性を必要とするほどではないものの、清潔さと湿気の管理が優先される環境で優れた性能を発揮します。軽工業環境や水泳大会よりも雨対策が重要な屋外エリアなどの場所で、IP55 規格のギアが堂々と活躍しているのが見つかります。

IP65 の謎を解く

を誇るギアに出会ったら、 IP65等級、ほこりや水を遮断する際に、その能力をさらに高める準備ができている機器を検討しているのです。

電気エンクロージャ 13

IP65 がもたらすもの

IP65 は、粉塵の侵入に対する完全な保護を提供することで、条件を引き上げます。そうです、防塵です。そして「6」はどうでしょうか?つまり、水しぶきが 1 ~ 2 回かかる可能性があります。実際には、まぶたに当たることなく、どの方向からでも水を噴射できます。

IP65 は、より要求の厳しいシナリオに最適です。日常的に水の噴流が発生する場所や、塵が時折侵入するだけではない場所に設備を設置している場合は、IP65 が役に立ちます。大雨に耐える必要がある屋外のエンクロージャや、洗浄にホースが使用される産業環境に人気の製品です。

IP55 と IP65: 主な違い

核心に迫ると、IP55 と IP65 の定格は一見同じように見えるかもしれませんが、異なるレベルの保護に対応しています。

保護レベルの比較

IP55 デバイスは、動作に悪影響を及ぼさない粉塵や低圧ウォータージェットからのかなりの量の暴露に対処できるように設計されています。逆に、IP65 デバイスは塵埃に対して完全に密閉されており、より強力な噴流にも簡単に耐えることができます。

要素の戦いで誰が勝つのか気になるなら、IP65 がヘビー級チャンピオンです。防塵性をさらに高め、耐水性を高めることで、より厳しい環境上の課題にも適しています。

ケーススタディ: IP55 および IP65 の実際の動作

実際のツアーに参加して、IP55 および IP65 の定格が日々のプレッシャーの下でどのように維持されるかを見てみましょう。

現実世界の例: これらの評価がどのように維持されるか

屋外照明では、IP55 の器具は屋根付きパティオなど、湿気にはさらされるものの、激流にはさらされない、比較的保護されたエリアによく見られます。一方、IP65 照明は、激しい雨や水しぶきに耐える露出エリアに最適です。

ほこりの多い作業場で IP55 定格の電気エンクロージャが浮遊粒子にもかかわらずスムーズに動作し続けるか、IP65 定格の屋外サウンド システムが砂の侵入や波しぶきを気にせずにビーチ パーティーを開催できるかどうかにかかわらず、これらの定格は現場でテストされ、実証されています。それぞれが、適切な定格が指定された分野での耐久性を約束し、提供することを示しています。

決断を下す: どちらがあなたに適していますか?

IP55とIP65のどちらで決めていますか?オプションを比較検討する合理的な方法を次に示します。

電気エンクロージャ 19

考慮すべき要素

環境: 時折飛沫がかかる主な屋内ですか、それとも大雨にさらされる屋外ですか?

暴露: エンクロージャは噴流水にさらされますか? それとも軽い湿気にさらされますか?

粉塵レベル:周囲はどれくらい埃っぽいですか?

位置: 屋内ですか、それとも屋外ですか?それは保護されていますか、それとも暴露されていますか?

水分: 時折湿気があったり、ウォータージェットが発生する可能性がありますか?

粉塵と微粒子: まばらな粒子ですか、それとも砂嵐ですか?

環境の課題に耐えられる評価を選択してください。 IP55 は、偶発的に水と接触する乾燥地帯に優れていますが、IP65 は、持続的な湿気や微細な粉塵に対する味方です。

結論: 自分の選択を可能にする

最後に、賢明な選択に必要な要素を固めましょう。

概要: 情報に基づいた意思決定のための重要なポイント

IP55: 屋内エリアや アウトドアスポット 水への曝露を制限してください。

IP65: 粉塵や噴流水が懸念される過酷な環境に最適です。

あなたのギアを悪天候から守るのは、選択するだけです。 IP55 と IP65 の知識があれば、自信を持って選択できるようになります。

よくある質問

IP54とIP65ではどちらが優れていますか?

何が必要かによって異なります。 IP65 は粉塵や噴流水に対する保護を強化し、より過酷な環境に適しています。機器がより激しい飛沫や粉塵にさらされる可能性がある場合は、IP65 がより強力な選択肢です。

IP55で雨も防げますか?

はい、IP55 は小雨などの限られた量の水を保護します。ただし、強力なウォータージェットや完全な水没に対処するように設計されていません。

IP55とIP67ではどちらが優れていますか?

繰り返しになりますが、より良いものはコンテキストによって異なります。 IP67 は、粉塵や水深 1 メートルに 30 分間浸漬した場合の影響に対する完全な保護が必要な場合に優れています。水没や激しい飛沫が予想される場合は、IP67 を選択してください。

IP55とIP66の違いは何ですか?

主な違いは水に対する保護レベルです。 IP55はあらゆる方向からの低圧噴流水に対する保護が可能ですが、IP66は高圧噴流水に対する保護を目的として設計されており、より高いレベルの防水性を提供します。

目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

サポートについてはお問い合わせください

こちらもお読みください

最新のデータセンターの照明付きサーバーラック

IT 機器が過熱する原因は何ですか?

IT 機器の過熱の一般的な原因を理解し、パフォーマンスと信頼性を維持するための効果的な解決策を見つけます。適切なメンテナンス、空気の流れ、冷却戦略で問題を防止します。

続きを読む "
電気キャビネット内の温風と冷風の空気循環の図

産業用筐体の空冷と液冷

産業用エンクロージャの空冷と液冷を比較します。それぞれの利点、欠点、適合性を理解して、ニーズに最適な冷却ソリューションを選択します。

続きを読む "
jaJapanese

    ロゴ赤

    情報フォームを送信するとさらに特典が受けられます

    *私たちはあなたの機密性を尊重し、すべての情報は保護されます。

    今すぐお問い合わせください。今すぐご返信いたします。

    レオ・ルー

    E-abel の営業チーム長のレオです。私と私のチームは喜んであなたにお会いし、あなたのビジネス、要件、期待についてすべて学びたいと思っています。

    カーソン・ヒー
    カーソン
    ポール・カオ
    ポール

    E-Abel に連絡する

    メールでお問い合わせいただくか、お電話いただくか、以下のお問い合わせフォームをご利用ください。お役に立てることを楽しみにしております。

      エンクロージャプロジェクトをカスタマイズする

      以下にエンクロージャの仕様を送信してください。当社のエンジニアが 12 時間以内にご連絡いたします。

        コンポーネントの組み立てが必要ですか?