• 一般ボックス

      一般ボックス

      在庫の配電ボックス。一般的なサイズで、柔軟に使用でき、保護カテゴリに適格です。

      カスタマイズされたボックス

      カスタマイズされたボックス

      さまざまな素材、タイプ、定格のオーダーメイドの配電ボックスです。

      アクセサリーメイン

      アクセサリー

      取り付けプレート、ロック、ラック、ケーブル、ブラケットなど、エンクロージャ システムを強化するためのすべてが含まれています。

  • だいたい

IP55 と IP65 の定格: 情報に基づいた選択

はじめに: IP 格付けについての理解を深める

IP 格付けとは何ですか? なぜ重要ですか?

侵入保護 (IP) 評価 は、機械ケーシングや環境要素、特に固体や液体からの侵入に対する電気エンクロージャの密閉効果に関する重要な情報を提供する、世界的に認められた分類システムです。この規格は、工業製造、家庭用電化製品、屋外インフラなどを含む (ただしこれらに限定されない) さまざまな業界で製品の信頼性、安全性、耐久性を確保する上で重要な役割を果たしています。

IP 評価の構成要素を分析する

IP 評価は、「IP」という文字とそれに続く 2 桁の数字で構成されます。最初の数字は固体粒子に対する製品の保護を示し、2 番目の数字は液体に対する耐性を示します。どちらの数値も、特定の動作環境および環境環境下での製品の全体的な耐久性と適合性を評価する際に非常に重要です。

最初の桁の解読: 堅牢な保護レベルの評価

IP エンクロージャ 2

IP 評価では、0 ~ 6 の範囲の最初の桁が、筐体が固体粒子の侵入から保護される程度を示します。これには、粒状の粉塵から大きな異物まで、さまざまな物質が含まれる可能性があります。

  • レベル0:物理的な侵入を防ぐものではありません。
  • レベル 1 ~ 4:直径50mm以上から最小1mmまでの異物の侵入を防ぐように設計されています。
  • レベル5:防塵性はありますが、部分的にのみ防塵です。
  • レベル6:完全に密閉されており、粉塵から完全に保護されます。

2 桁目の解読: 液体保護レベルの評価

IP 評価では、0 ~ 9K の範囲の 2 桁目で、さまざまな形態の液体の浸入に対するエンクロージャの堅牢性が強調されます。

  • レベル0:いかなる形態の液体保護も行われていない。
  • レベル 1 ~ 4:垂直落下する水滴からあらゆる方向からの水の飛沫に対して効果を発揮します。
  • レベル 5 ~ 6:低圧ウォータージェットに耐えるように設計されています。
  • レベル 7 ~ 8:一時的な水没から長期の水没にも耐えられます。

IP55 定格の詳細な分析

IP55 の一般的な導入シナリオ

IP55 等級の製品は、中程度に厳しい環境に特に適しています。これらは屋内の工業環境、特に工場の床や、パティオやカーポートなどの屋根付きの屋外施設でよく見られます。

IP55の長所と短所

強み:

  • 完全に防塵ではありませんが、粉塵の侵入を大幅に防ぎます。
  • あらゆる角度からのノズル (6.3mm) によるウォータージェットに効果的に抵抗します。
  •  

欠点:

  • 完全に防塵できるように設計されていません。
  • 水没または高圧ウォータージェットの下では水の浸入に対して脆弱です。
イーベル電気エンクロージャ 24

IP65 定格の詳細な分析

IP65 の一般的な導入シナリオ

IP65 等級の製品は、非常に厳しい環境条件に合わせて調整されています。これらは、屋外監視システム、屋外の工業用照明、および過酷な製造現場でよく使用されます。

IP65の長所と短所

強み:

  • 粉塵の侵入に対する包括的な保護を提供します。
  • 12.5mm ノズルからの低圧水流に耐えるように設計されているため、幅広い屋外用途に適しています。

欠点:

  • 機能が充実している分、価格が高くなる傾向があります。
  • 基本的な保護レベルのみを必要とする環境では過剰であると考えられる場合があります。

IP55 と IP65 の対照的な定格

費用便益分析

IP55 製品は通常、より予算に優しいものですが、より厳しい環境では追加の保護や交換が必要になる場合があります。一方、IP65 は高価ですが、多くの場合、長期的に優れた価値を提供します。

保護レベルの比較

IP55 は、中程度の塵や水の侵入に対する基本的な保護を提供します。 IP65 は、これを完全な防塵性と強化された防水性に拡張します。

屋外環境への適性

イーベル電気エンクロージャ 22

厳しい気象条件にさらされる屋外用途には、優れた耐水性があるため、一般に IP65 の方が適しています。

情報に基づいた選択を行うための考慮事項

アプリケーション固有の要件

特定のニーズを徹底的に評価することが不可欠です。それほど厳しい条件ではない場合は IP55 で十分かもしれませんが、 IP65 リスクの高い環境に適しています。

環境アセスメント

極端な温度、湿度レベル、工業用化学物質への曝露など、設置予定場所の特定の環境上の課題を調査します。

予算の制約

IP65 はより高い保護レベルを提供しますが、相応のコストがかかります。経済的に健全な決定を下すために、保護要件と財務能力のバランスをとってください。

ケーススタディ: さまざまなドメインでのアプリケーション

産業用ユースケース

粉塵が蔓延しているものの、水への曝露が最小限に抑えられる繊維製造現場では、IP55 で十分な場合があります。逆に、液体にさらされるリスクが高い石油化学プラントの場合は、IP65 が必須です。

家電

屋内家電製品の場合は、IP55 定格が適切な場合があります。ただし、さまざまな気象条件にさらされる屋外セキュリティ カメラには、IP65 等級のメリットが得られます。

公共インフラ

街路照明や屋外 WiFi システムなどの公共施設には、さまざまな環境上の課題に耐えるために IP65 定格が必要です。

結論: 意思決定のための重要なポイントを総合する

要約と最終的な推奨事項

IP55 と IP65 の定格の微妙な違いを理解することは、アプリケーションの特定のニーズ、環境条件、予算の制約に合わせて情報に基づいた選択を行うために重要です。

イーベル は、お客様が適切なエンクロージャを見つけられるよう常に喜んでお手伝いいたします。 +86 18860978683 または お問い合わせ 詳細については、オンラインでご確認ください。

目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

サポートについてはお問い合わせください

こちらもお読みください

最新のデータセンターの照明付きサーバーラック

IT 機器が過熱する原因は何ですか?

IT 機器の過熱の一般的な原因を理解し、パフォーマンスと信頼性を維持するための効果的な解決策を見つけます。適切なメンテナンス、空気の流れ、冷却戦略で問題を防止します。

続きを読む "
電気キャビネット内の温風と冷風の空気循環の図

産業用筐体の空冷と液冷

産業用エンクロージャの空冷と液冷を比較します。それぞれの利点、欠点、適合性を理解して、ニーズに最適な冷却ソリューションを選択します。

続きを読む "
jaJapanese

    ロゴ赤

    情報フォームを送信するとさらに特典が受けられます

    *私たちはあなたの機密性を尊重し、すべての情報は保護されます。

    今すぐお問い合わせください。今すぐご返信いたします。

    レオ・ルー

    E-abel の営業チーム長のレオです。私と私のチームは喜んであなたにお会いし、あなたのビジネス、要件、期待についてすべて学びたいと思っています。

    カーソン・ヒー
    カーソン
    ポール・カオ
    ポール

    E-Abel に連絡する

    メールでお問い合わせいただくか、お電話いただくか、以下のお問い合わせフォームをご利用ください。お役に立てることを楽しみにしております。

      エンクロージャプロジェクトをカスタマイズする

      以下にエンクロージャの仕様を送信してください。当社のエンジニアが 12 時間以内にご連絡いたします。

        コンポーネントの組み立てが必要ですか?